So-net無料ブログ作成

究極のフィリピン不動産投資術 sovllin asset asia investment limited [究極のフィリピン不動産投資術]

フィリピン不動産投資マニュアル

究極のフィリピン不動産投資術




下記サイトで購入者レビューを公開中!
究極のフィリピン不動産投資術




中国をはじめとするBRICsの国々での
不動産投資はもう遅すぎます。 決して儲からないというわけでは無いのですが、
本当にオイシイ時期はもう過ぎたと思っています。

BRICsとして注目を浴びる前の中国を知っているわたしからすると
中国の不動産市場、特に上海をはじめとする湾岸部では物件価格が高騰し、
今の段階では大きな魅力は感じられないのです。
究極のフィリピン不動産投資術
また、ロシア、ブラジル、インドについては、
そもそもわたしは投資対象国として見ていません。

その理由は、日本からの距離が遠いこと。

海外投資スタート段階の投資資金が限られる中で、
移動コストだけで十数万、場合によっては数十万する国への投資は非常に非効率ですし、

ロシア、インドはまだしも、ブラジルはフライト時間だけで28時間・・・。

何かあったときに現場に直ぐに駆けつけられる距離であることも
投資先の国を選ぶ一つの基準だと考えているからです。
情報商材レビュー


"じゃあ、今、最もお薦めの投資先って
いったいどこなんですか?" BRICsの後に大きな経済成長の波が来ると言われている国々があります。

例えば、ゴールドマン・サックスがN-11(NEXT11)と名付け11カ国の名を挙げました。
この11カ国はBRICsについで経済影響力を持つ可能性があると言う事です。

究極のフィリピン不動産投資術

究極のフィリピン不動産投資術

究極のフィリピン不動産投資術

フィリピン不動産投資マニュアル

フィリピン不動産投資マニュアル


また、野村證券でも同様に、TIPsと名づけ3カ国の名を挙げました。
この3カ国は自由貿易協定への積極的な取り組みや中流階層の人口増加が予想されているとのことです。
失敗しない不動産投資
そこには具体的にどんな国々が挙げられていたのでしょうか?

名前が挙げられた具体的な国々の名前を確認して行きましょう。

N-11(NEXT11)に挙げられた国々は・・・
バングラデシュ、エジプト、インドネシア、イラン、韓国、メキシコ、ナイジェリア、パキスタン、フィリピン、トルコ、ベトナム。

次にTIPsに挙げられた国々は・・・
タイ、インドネシア、フィリピン。

如何ですか?

「へ~」と驚くような意外な国の名前が挙げられているのでは無いでしょうか?


高層ビルがそびえ立つマニラ周辺
そして、、、

お気付きのとおり、このどちらともに名を連ねている国がありますね。

そうです。

それが、
わたしが今最も注目している“フィリピン”なのです。

では、、、

何故フィリピンへの投資をお薦めするのか? この理由をお話しして行きましょう。

わたしが今後のフィリピンの不動産投資が魅力的だとお伝えする最大の理由は、
フィリピンの人口統計、いわゆる人口ピラミッドです。

様々な国の経済発展の歴史を振り返ったとき、
人口ピラミッドの形にわたしは嘘をつかれたことは御座いません。

つまり、人口ピラミッドの形とその国のその後の経済成長は、
非常に密接な関係があり、その名のとおりキレイなピラミッド形を示した国の経済は、
その後、順調に発展していくものなのです。


FXシグナル配信比較 FX初心者必勝法 日経225デイトレード チャーリー・タカの『海外投資バイブル』 チャーリー・タカの『海外投資バイブル』 チャーリー・タカの『海外投資バイブル』

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。